業スーのホイップとスポンジで簡単ブッシュドノエル!

スイーツ

業スーのホイップとスポンジを使って、簡単にブッシュドノエルが作れちゃいました!

ブッシュドノエルとは
・ブッシュ(丸太)
・ノエル(クリスマス)
フランス語で「クリスマスの木」という意味

私ごとですが、料理は大好きなんだけど、お菓子作りだけはマジで苦手で・・・どうも、うまく作れない。。。

そんな私なので相変わらず見栄えはイマイチですが、味は最高に美味しく、何より楽チンに作れたので、満を持して本日ご紹介します!

ラッコ
ラッコ

穴があったら入りたいほど、見ためは恥ずかしいですが、簡単に作れるし子どもたちも大喜びでした!

アマンディホイップ 1000ml
価格:258円(税抜)※2020年12月購入時現在

お手軽スポンジシート 3枚入り
価格:368円(税抜)※2020年12月購入時現在

【準備編】ブッシュドノエルの材料紹介

今回は「生クリーム」と「チョコクリーム」、2種類のブッシュドノエルを作ります。

業スーのホイップとスポンジ以外に、ケーキをお化粧するために「アラザン」「ココナッツパウダー」「チョコチップ」を準備しました。

ラッコ
ラッコ

こちらのお化粧は、100円ショップのSeria(セリア)で購入しました!

業務スーパーのアマンディホイップ【商品情報】

ホイップには業務スーパーの「アマンディホイップ」を使います。大容量の1000ml入りで、コスパもボリュームも申し分なし!

ラッコ
ラッコ

童心に返って、ついつい使い過ぎないようにご注意!(笑)

業務スーパーのお手軽スポンジシート【商品情報】

スポンジシートには業務スーパーの「お手軽スポンジシート」を使います。ありそうでなかった長方形型のシートで、ロールケーキを作るのにも最適な形ですね。

スポンジを焼く手間もはぶけますし、火を使わないので、子どもと一緒でも安心して作業ができます。

冷凍品ですが、自然解凍で常温に戻すだけで使えますし、長方形で切り分けやすいのも魅力。

ラッコ
ラッコ

使いたい分だけ、使えるのも嬉しいです!

【調理編】ブッシュドノエルの生地を作る

今回は「生クリーム」と「チョコクリーム」、2種類のブッシュドノエルを作ります。

まずは下準備として、ケーキの中にサンドするいちごをスライス&ダイス状に切っておきます。

ラッコ
ラッコ

カットの仕方はお好みでもOKです。

また、今回やっていませんが、スポンジのクリームを塗る側に何本か薄く切れ目を入れておくと、クリームが切れ目に染みこみ、割れを防ぎケーキが巻きやすくなるようです。

ブッシュドノエルの生地①生クリーム編

シートを1枚取り出し、ホイップをのせます。子どもの頃にあこがれた、たっぷりクリームにテンションも高まります!

ホイップをうすく塗り広げ、いちごをのせる準備をします。この上にいちごをのせ、丸めていくので多少雑でもOKです。

ホイップをうすく塗り広げたら、スライスしたいちごをのせ、くるっと巻いていきます。最初にぎゅっと巻いて、後はふんわり一気に巻くのがコツ!

ラッコ
ラッコ

最後にクリームでデコるので、少々の割れは気にせず一気に巻きましょう!

ブッシュドノエルの生地②チョコクリーム編

続いて、チョコクリームを作ります!

アマンディホイップにココアパウダー大さじ1、砂糖大さじ半分を加え、よく混ぜます。

なめらかになるまで、ひたすらまぜまぜ!

いい具合になったら、スポンジシートを広げ、うすく塗り広げましょう。ここでも、スポンジに薄く切れ目を入れておくのを忘れずに。

ダイス状にカットしたいちごをバラバラっとまきちらします。あとは、くるっと巻いていくだけ。

ラッコ
ラッコ

最初にぎゅっ、後はふんわり一気に!がコツです!

紙ごと巻いて、そのままラップでくるんで冷蔵庫で放置。約30分ほどでクリームと生地がなじむので、少し待ちます。

【仕上編】ブッシュドノエルに材料を盛付!

業スーのホイップ、スポンジでここまで簡単に作ってこれました。

では、いよいよ最後の仕上げ、ブッシュドノエルに材料を盛付ます!

まずはロールを斜めにカットし、切株を作ります。

ラッコ
ラッコ

切株は大きすぎると盛付が難しいので、全体の1/4程度を目安にします。

ブッシュドノエルを簡単デコレーション

切株を作ったら、クリームを塗っていきます。あとでブッシュ(丸太)っぽく、フォークで模様を作るので、塗り方はテキトーでもOKです!

フォークをすることで枝っぽくなり、いっきにブッシュ感が強まってきました。完成も近づき、テンションも爆上がり!

ラッコ
ラッコ

強くこすり過ぎると、生地がやぶけちゃうので注意です!

クリームを塗り終えたら、アラザンやココナッツパウダー、チョコチップでお化粧します♪

お好みでフルーツを追加してもいいですね。

チョコクリームの方には、周りにもいちごを飾ってみました。

他にも、ブルーベリーやラズベリー、チョコポッキーやきのこの山などを飾っても良さそうです。

【完成編】ブッシュドノエルはお手軽に作れる 

私のようにお菓子作りが苦手でも、業スーのホイップとスポンジシートを使えば、お手軽にブッシュドノエルが作れました。

ラッコ
ラッコ

2色のブッシュドノエルが、1本あたり250円ぐらいで作れた計算で、超節約にもなります!

バタバタしがちなクリスマスの時期でも、子どもと一緒に簡単に作ることができました!

火を使ったりもしないので、安心して一緒にできるのも良かったです。

手作りケーキに挑戦してみようと思ってる方は、ぜひお試し下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました